各種整備


ビートのECU(エンジンコンピューター)修理

症状

下記のような症状があればECUを修理したほうが良いと思われます。

  1. エンジンチェックランプが点灯したままになる。
  2. アイドリングが不安定である。
  3. 始動性が悪い。
  4. 走行中に止まりそうになる。
  5. 走行距離が60,000Kmを超えた。
原因

ビートのECUは古くなると壊れます。その原因の多くはECU内の電解コンデンサーが寿命を迎え、電解液が漏れ出し、配線パターンを腐食させてしまうことです。

修理費用

ECU脱着

8,400円

電解コンデンサー交換

9,500円

電解コンデンサー

1,000円

合計

18,900円(税別)

配線パターン修理などがある場合追加料金がかかります。

ミッションオーバーホール費用

カプチーノミッション脱着28,000円シンクロナイザーリング(5個)19,700円
ミッション分解31,000円オイルシール類1,440円
ベアリング類(7個)9,430円MTオイル GL-5 85W-901,800円
ビートミッション脱着32,200円デフピニオンシム(2個)510円
ミッション分解31,500円オイルシール類1,250円
ベアリング類(7個)7,240円MTオイル GL-5 85W-902,700円
シンクロナイザ
スリーブセット(3個)
35,600円
MGFミッション脱着58,000円シンクロナイザーリング(5個)-
ミッション分解36,000円オイルシール類10,264円
ベアリング類(7個)-MTオイル GL-5 85W-902,750円

カプチーノエンジンチューニング
クランクシャフト

ノーマルを油穴加工して高回転時の油膜切れを予防します。

コンロッド

全気筒の重量合わせのため表面を研磨、気筒間差を1グラム以内にして、高回転時の吹けあがりと振動を改善します。

ピストン

コンロッドとセットした状態で重量の気筒間差を1グラム以内にするのと、油膜切れ予防のため、研磨します。

バルブ

流量係数をアップするため傘部を加工研磨します。

バルブ傘研磨

吸排気抵抗の軽減とカーボンの付着を防止し性能の維持を目的に研磨します。写真の左から分解した状態、カーボンを取り除いた状態、研磨した状態です。

バルブシート

流量係数をアップするため通常3面カットを5面カットに加工します。

バルブシートカット

バルブシートをカットしてバルブとの当たり幅を調整するのと同時にポートとつながる壁面を段階的に角度を付けていくことで流量係数をアップさせます。

通常は3段階でつなげていきますが、当社では少しずつ角度を変えて5段階でつなげるように加工しております。これにより3段階よりも流量係数が良くなります。
さらに、燃焼室容量にも関係してきますので各気筒間差を0.1cc以内に調整しています。

バルブすり合わせ

バルブシートカットが終わったらバルブコンパウンドをつけてすり合わせをおこない、気密性を高めます。

カムシャフト

吸気カムシャフトの作用角をノーマルの232度から248度の物に変更し中高速のトルクをアップします。

オイルポンプ

レギュレータ圧をアップして高回転時の油圧を上げます。

オイルパン

セパレーターを追加加工してコーナーリング時や加減速時でのエア噛みによる油膜切れをおこさないようにします。

フライホイール

ノーマルを軽量加工して回転マスを小さくして吹け上がりを改善します。

IN&EXポート

加工研磨し、吸排気抵抗を減らし高回転時のトルクをアップします。

シリンダーヘッド
燃焼室

燃焼スピードを速くするのと、吸排気抵抗を減らすため加工研磨します 全気筒の燃焼室容量差を0.1cc以内にします。

ヘッドガスケット

燃焼室加工して落ちた圧縮比を薄いメタルガスケット(1.0mmまたは1.2mm)を使用して、元に戻すことと同時に熱の伝導を良くし、ノッキングに対する安全マージンを確保します。

EXマニホールド
(等長たこあし)

排気のエネルギーを効率よくタービンに伝え、過給圧の立ち上がりを早くして低中速のトルクを改善します。排気抵抗も大幅に改善されるため高速域のトルクもアップします。

ターボ
チャージャー

ノーマルよりも少し大きなタービンを使用して、中高速時の馬力を大幅にアップします。この時、A/Rは大きくしすぎると排気量のアップでもしないかぎり過給圧が上がらなくなってしまい、低中速のないピーキーなエンジンになってしまいます。

ターボチャージャ&EXマニホールド

カプチーノのターボはかなり小型のため低速トルクはあるのですが、高速域となるとフンズマリ状態で120Km/hくらい出ているときはスロットルが一定にもかかわらず過給圧がフルにかかってしまい、走行しにくいうえに燃費もかなり悪化します。過給圧を上げて馬力を上げようとするとタービンの能力を超えてしまい高速域での過給圧のたれ、タービンの破壊が発生します。当社ではマッチングの良いターボチャージャを選択し、それに合わせEXマニホールドを製作いたします。低速トルクを犠牲にせずノーマルタービンよりも馬力があり、燃費の良い車にすることが可能です。

材料はSUS304ステンレスパイプ外径32mm内径29mm

右の画像は当社の旧デモカーについているHITACHI製HTO7タービンと自社製EXマニホールドです。

触媒アダプター
(タービン
アウトレット)

触媒が排気抵抗となり、過給圧も馬力も上げられないので触媒の代わりに専用に作られたパイプに変更します。

コンピューター
(ECU)

エンジンの仕様に合わせ、セッティングが必要です。
車の潜在能力を100%発揮するために当社ではノーマルコンピューターでは不可能な、あらゆるセッティングが可能なフルコンピュータシステムをお薦めしております。このシステムを使えば、ブーストコントローラーやサブコン、ラジエターファンコントロールシステムなどは不要になります。フルコンピューターメーカーMOTECHALTECHなどのシステムを使用しています。

インジェクター

燃料の噴射方向をバルブの傘に向けた12ホールタイプのインジェクターを使用し、燃料の粒を微細化することにより空気と良く混ざり完全燃焼を促進します。パワー燃費の両立が可能になります。
(ノーマルは1ホール)

サーモスタット

ノーマルの開弁温度83℃から76.5℃の物に変更してノッキングに対する安全マージンを確保します。これ以上に開弁温度の低い物はオーバークール状態になりエンジンオイルの燃料による希釈が発生して焼き付きの原因になります。

クランク&
コンロッドメタル

高精度なオイルクリアランス調整と耐久性向上のためパワーエンタープライズ社製F1ブラックメタルを使用します。

フューエルタンク

サーキット走行のような横Gの大きな状況ではガス欠症状が出てしまうのでバッフルを追加加工します。

横G対応フューエルタンク加工品

燃料の片寄りを防止してコーナーリング時のガス欠症状をなくします。
コレクタータンクを設置する必要が無いので室内がガソリン臭くなったりしません。
購入には下取りのフューエルタンクが必要です。

フルコンピューターMOTEC(ECU)について

MOTECとはパソコンや専用ボードを使って自由にセッティングが可能なエンジンコントロールユニットです。
ECUの種類はM4,M48,m800の3種類があり、それぞれ4気筒シーケンシャル用、8気筒シーケンシャル用、8気筒シーケンシャル豪華版となっています。
そしてさらに、M4の中でもソフトウエアのグレードがあり、下記のような設定が選べるようになっています。

  1. 3Dフューエル&イグニッション シーケンシャル
    4気筒シーケンシャル制御用
  2. 3DFIS+アドバンスド&ロガー
    きめこまかい制御&データロギング機能つき
  3. 3DFIS+アドバンスド&ロガー&ラムダ
    さらにラムダセンサーによる空燃比制御つき

また、MOTECの素晴らしいところはソフトウェアのアップグレードバージョンをホームページ上で公開していて、常に最新のソフトウェアで走れることです。

一度MOTECを買ってしまったらどんな車(2スト、4スト、ロータリー)に乗り換えても使い続けられます。

MOTECの機能一覧





Q,ラムダ機能
PCに接続して走行するだけで最適な燃料マップを自動的に書き換えていくQ、ラムダ機能搭載
512Kbデータロガー
メモリ512Kbを内蔵し30チャンネルを秒間5回で58分間記録、最高20回/SECをピットへテレメーター転送可能
シフトコントロール機能
ドックミッション登載車ではクラッチに触る事無くシフトアップ&シフトダウンが可能に、通常のミッションでもアクセル全開のままのシフトアップが可能になります。
トラクションコントロール機能
スタート時には、クラッチミートに最適なRPMにキープ、サーキットでは無駄なくホイルスピンをなくしタイムを向上。
ミスファイアリングシステム制御機能
WRCラリーやダートトライアルでその効果実証ずみ、ブーストの立ち上がりが飛躍的向上。
その他の機能
  • 32ビット33Mhz高速プロセッサー
  • 燃料&点火は840のコントロールサイトで調整
  • RPMマップー10rpmおきにセット可能
  • MAX RPM15,000rpm
  • 8又は4気筒シーケンシャル12本インジェクター作動
  • すべてのガソリンエンジンに対応
  • 電気式ブーストコントローラ内臓、ギアと回転で設定可能
  • 02センサーからのフィードバックで燃料自動補正(ラムダオプション)
  • 負荷は五つの方式から選択(スロットル開度(NA)、インマニ圧、(Dジェトロ方式)、エアフロ等)
  • プライマリ、セカンダリーインジェクターを個別に制御
  • ほとんどの点火システムに対応(純正、CDI、MDS等)
  • 1気筒づつ個別に点火時期、燃料の調整が可能(アドバンスドオプション)
  • 自由に変更出来るレブリミッター、ブーストカット、スピードリミッター
  • ゼロヨン用の2ステップ機能、シフトアップIGNカット付
  • 吸気温度、水温、吸気温度からの入力でブースト圧、点火、燃料の補正可能
  • アクセサリー出力で、追加インジェクター、シフトライト、電動ファン、タコメーター、VTEC等のコントロールに使用可能

アルゴン溶接のコンテンツはただいま準備中です。もうしばらくお待ちください。

Aimメーターディスプレイ

デモカーのカプチーノにAim製のメーターディスプレイ&データロガーを取り付けし走行中の各種データを解析できるようにしました。
取り付けした製品は横Gセンサー内蔵のラップタイマーで、4Chのアクセサリー入力があります。

  • ディスプレイに表示できるのはエンジン回転数スピードラップタイムベストラップタイムギヤポジション電源電圧アクセサリー温度×2、アクセサリー圧力×2の他にアラームランプシフトランプです。
  • 今回の仕様ではアクセサリー入力にブースト、水温、油圧を入力しました。

データ解析ソフトを使用してサーキットを走った時のデータを表示したものです。

  • データを解析して判る事に油圧の変化がありました。横Gが大きくなった時に一瞬油圧が下がっていることです。これはオイルパンのオイルが偏りを起こし、エアを噛 み込んだ証拠です。オイルパンのバッフルを改善する必要があるようです。

  • 車重、前面投影面積、空気抵抗係数を入力することにより駆動輪の駆動力を計算し馬力とトルクを表示することも出来ます。

  • 解析ソフト上でコースの位置と走行データをアニメーションで再現することが出来ます。
  • 横Gセンサーによりサーキットのコース図を作成できる機能もあります。

取り付けにはかなりの専門知識が必要ですが、色々な機能が満載でコンパクトなメーターですのでお薦めします。
詳しく知りたい方はこちらへ AimJAPAN

カプチーノ エンジンコンプリートF6A

  • あなたのエンジンを新車以上の状態にしませんか。
  • 高品質のエンジンを廉価にて提供いたします。
  • 更なる高品質エンジン製作のためパワーエンタープライズ社製F1ブラックメタルを使用選択できるようにしました。
    当社にてエンジンオーバーホール、コンプリートエンジン購入されるかたはF1ブラックメタルを定価の8.5割で提供いたしております
  • 純正オーバーサイズピストンを使用します(在庫分のみ 残数少)
オーバーホール ノーマル+α仕様オーバーホール&チューニングA仕様オーバーホール&チューニングB仕様
シリンダーボーリング&プラトーホーニングシリンダーボーリング&プラトーホーニングシリンダーボーリング&プラトーホーニング
純正オーバーサイズピストン 0.5mm純正オーバーサイズピストン 0.5mm純正オーバーサイズピストン 0.5mm
ピストン+コンロッドの重量合わせピストン+コンロッドの重量合わせピストン+コンロッドの重量合わせ
クランクメタル・コンロッドメタル交換クランクメタル・コンロッドメタル交換クランクメタル・コンロッドメタル交換
バルブガイド打ち換えバルブガイド打ち換えバルブガイド打ち換え
バルブシートカット(5面)&すりあわせバルブシートカット(5面)&すりあわせバルブシートカット(5面)&すりあわせ
バルブ傘部研磨バルブ傘部研磨バルブ傘部研磨
バルブスプリング交換バルブスプリング交換バルブスプリング交換
タイミングベルト交換タイミングベルト交換タイミングベルト交換
オイルエレメント交換オイルエレメント交換オイルエレメント交換
ウォーターポンプ交換ウォーターポンプ交換ウォーターポンプ交換
オイルシール&ガスケット全交換オイルシール&ガスケット全交換オイルシール&ガスケット全交換
その他必要に応じた部品交換・修正その他必要に応じた部品交換・修正その他必要に応じた部品交換・修正
メタルヘッドガスケット希望の場合
プラス15,000円(1.4mm)
メタルヘッドガスケットメタルヘッドガスケット
F1ブラックメタル使用吸排気ポート加工研磨吸排気ポート加工研磨
圧縮比8.6〜7.7まで選択
(8.1以下はプラス4,000円)
圧縮比8.6〜7.7まで選択
(8.1以下はプラス4,000円)
F1ブラックメタル使用INカムシャフト交換
(作用角232°→248°)
F1ブラックメタル使用
合計 310,000円合計 378,000円合計 414,000円

注:価格にエンジンの脱着に伴う部品代、作業工賃は含まれておりません。
当社にて脱着を希望される方は割引がございます。また、お客様のエンジンが状態の良い物なら現物整備したほうが安い場合があります。
購入には下取りのエンジンが必要です。
エンジンコンプリートにはIN・EXマニホールド、オルタネータは付いていません。

  • K6Aエンジンにつきましては純正ノーマルピストン用シリンダーライナーを製作することによりオーバーホール可能です。現車にてオーバーホールを承っております。
  • エンジン脱着に伴う費用は下記を参考にしてください
ミッション脱着46,500円サーモスタット(76.5℃)1,500円
エンジン脱着エンジンオイル 3L3,900円
IN・EXマニホールド、オルタネータ脱着8,700円クーラント 2L1,500円
IN・EXマニホールドガスケット3,000円ミッションオイル 1L1,800円

毎月変わるキャンペーン:メンテナンスキャンペーン実施中!

関連会社様リンク集

TEL/E-mail/FAX:お問い合わせ

木村自動車商会:スタッフブログ

SCUD Air Intake Systems